大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

追撃への要の男 #9

2018/08/11(土) 横浜スタジアム
B3-8T
勝 小野
負 濵口


2018/08/12(日) 横浜スタジアム
B12-5T
勝 今永
負 馬場



「FAは大物とか、ホームランを打てるとか、勝てるピッチャーに目が行きがち。監督とGMをやっている時、阪神さんと話をして、彼をくれ、彼をくれと、ずっと言っていたんです。横浜はいい補強をしたと思います」(落合博満)


「優勝へのピース」となるはずだった球界随一の守備職人。


多くのタイガースファンから彼の移籍を惜しむ声と、新天地への期待が寄せられた。


遺恨なきFA。


究極のユーティリティプレイヤーが、球界の話題の主役となった。


7年ぶりの本拠地開幕戦。
80機のドローンが飛んだド派手なセレモニー。
ハマスタのボルテージが上がっていく。


1回表。
開幕投手の石田健大は、スワローズのトップバッター山田哲人をショートゴロに打ち取った、はずだった。


張り替えられたハマスタの人工芝の縫い目にあたってイレギュラーしたボールは、まさかまさかのショートエラーとなってしまう。


「今でもあの光景がでてくる」という程の悪夢のようなワンプレー。


このエラーをきっかけに、大事な開幕戦を落としてしまった。


ここからは紆余曲折。
凡ミスもあれば、ピンチを救うスーパープレイも飛び出している。


だが、彼は当たり前の様にそれをこなす。


その裏にあるのは、尋常ではない練習量。


そしてタイガース時代にはなかったという、チームメイトとの笑顔のコミュニケーション。


その豊富な技術と経験を惜しげも無く、新しい後輩達に伝えている。



11日のゲームでは、3得点全てに絡む2安打を記録するも、8回裏満塁のチャンスで凡退。


12日のゲームでは、その悔しさを晴らすような4安打。自身でも「記憶にない」と驚くほどの打撃でチームの連発ストップに貢献した。


試合後には、同じく今シーズン新加入のネフタリ・ソトとのヒーローインタビュー。


落ち着いた笑顔で「勝祭」に集ったファンの大歓声に応えた。



8月後半戦の戦いに突入していくベイスターズ。


追撃への要の男が帰ってきた。


戦いはまだまだ終わらない。



敵はすぐ目の前だ
大いなる闘志燃やせ
響け 和の魂
輝ける未来へ



横浜DeNAベイスターズ。
背番号9。
大和。


BE THANKFULL FOR EVERY NEW DAY.
野球ができる環境を作ってくれる周りに感謝。


VICTORY is WITHIN US.