大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

会心の決勝打 #5

2018/08/14(火) ナゴヤドーム
B6-5D
勝 三嶋
負 マルティネス
S 山﨑



3度の劣勢を跳ね返して、逆転勝ち。


戦績の悪い火曜日に、ようやくの連勝。


9回表、同点に追いつき2アウト満塁。
代打で登場した背番号5が、会心の決勝打を放つ。


一塁ベース上での凛々しく力強いガッツポーズ。


「こういう打撃をしていれば、必ずレギュラーは取り戻せる」


ベイスターズOBにして内野手のレジェンド。
スーパーカートリオの高木豊が、後輩の活躍を嬉しそうに賞賛した一打。


勝負強い打撃が復活してきている。



茅ヶ崎の野球少年の憧れは、マシンガン打線のリードオフマン 石井琢朗。


走攻守にリーダーシップを兼ね備えたスーパースター。


その勇姿に憧れた少年は、大きな目標を掲げる。


石井さんの様なプロ野球選手になる。
そして横浜スタジアムで活躍するのだと。


横浜高校では、1学年後輩の筒香嘉智らと全国ベスト4。


創価大学では、同学年の和製ライアン 小川泰弘らと全国ベスト4。


キャプテンとして、エースの小川と共にプロ志望届を提出。


だがプロから、否ベイスターズから声はかからなかった。


「これでダメなら野球を辞めよう」


京都の社会人野球の名門 日本新薬に入社。


伝説の左打者 門田博光に師事し、打撃開眼。


社会人日本代表にも選ばれる活躍が評価され、2014年ドラフト3位で念願のベイスターズからの指名を受ける。


「背番号5、空いてるぞ」


森本稀哲が前年にライオンズに移籍した事。
ドラフト3位ながら、上位が投手(1位山﨑康晃19、2位石田健大14)という縁にも恵まれた。


仮に大学卒業後に入団したならば、背番号5を背負うことは出来なかった。


ルーキーとして44年ぶりのショート開幕スタメンも、2度のファーム落ち。


1度築き上げた打法を見直し、2年目からはレギュラーに定着。


3年目は石井琢朗以来の全試合フルイニング出場。
「決める9番打者」として、19年ぶりの日本シリーズ出場の原動力となった。


セカンドにコンバートされた今シーズン。


3年ぶりの二軍降格も経験した。
だが、野球人として大事な何かを掴んで這い上がってきた。


思い悩んでいた春先とは別人の様な精悍な表情。



その経験を全て力にして、チームのために、勝利のために、今日も彼は戦う。



横浜DeNAベイスターズ。
背番号5。
倉本寿彦。


PLAY FROM THE HEART.
心の底からプレイする。


VICTORY is WITHIN US.