大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

ミラクルをもう一度、横浜で #55

2018/09/10(月) #55


横高戦士が、また一人バットを置く。



「代打で出場した時、横浜スタジアムに響く鳥肌が立つような大歓声は、今も心に残っています。間違いなくDeNAベイスターズの応援は、12球団No.1です。今まで本当にありがとうございました」



1980年6月5日生まれ。
静岡県浜松市出身の38歳。


横浜高校から法政大学を経て、2002年ドラフト自由獲得枠でライオンズに入団。


新人ながら開幕4番に座るなど、チームの中心選手として活躍。


2008年には日本シリーズにも出場し、チームの日本一に貢献。


2011年オフに、武山真吾とのトレードでベイスターズに入団。


代打の切り札として、時には4番スタメンで、DeNA新球団の創設期を支えた。


2013年10月8日。
横浜スタジアム。
シーズン最終戦。
タイガース戦。


横浜高校の同級生 小池正晃の現役最終打席。


打席で涙の小池。
ベンチで涙の後藤。


鋭く降り抜いた打球は、レフトスタンドへ一直線。


盟友はベンチで固く抱き合った。
チームメイトもファンも、涙でそれを見届けた。


2018年9月22日。
横浜スタジアム。
シーズン最終戦。
ドラゴンズ戦。


「対戦が実現すれば夢が一つ叶うことになる」


最後の夢。
盟友 松坂大輔との初対戦はあるのか。


最後の最後まで、男ゴメスはバットを振り向く。


その功績は永遠に輝く。


去って去らずだ。



鍛えた剛腕
獲物を捕らえろ
狙いを定め
ゴメス!
打てよ 飛ばせよ 彼方へ


GO GO ゴメス!



横浜DeNAベイスターズ。
背番号55。
G 後藤武敏。


MAKE IT HAPPEN
IN YOKOHAMA!!


ミラクルをもう一度、横浜で起こしたい。


VICTORY is WITHIN US.