大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

TOGETHER WE CAN DO IT. #2

2018/09/19(水) 東京ドーム
B6-1G
勝 東
負 吉川光



1993年オフ、日本プロ野球界にフリーエージェント制度が導入された。


その目玉はドラゴンズの落合博満。
三冠王3度の強打者は、ジャイアンツに移籍する。


出場機会を求めたジャイアンツのファースト駒田徳広はFA宣言。


この年、横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズへと生まれ変わた球団は、駒田の獲得に動く。


それに並行するかのように、高木豊、屋敷要、大門和彦、山崎賢一、市川和正、松本豊を解雇。


功労者への無残な仕打ちに、ファンは反発。


低迷するチームにあって、駒田には情け容赦ないヤジも飛んだ。


閑古鳥が鳴くハマスタでは、選手にヤジが良く届く。


気性の荒い駒田は、それに本気で食ってかかかる事もあった。


そんな中、チームは徐々に力をつけていく。


抜擢された若手が結果を出し始めたのだ


1997年には18年ぶりの2位。
1998年には38年ぶりの日本一を成し遂げた。


その時のキャプテンが駒田。


チームで唯一の優勝経験者は、グラウンドでも、オフの時でも、チームの精神的支柱であった。



2014年オフ。
元メジャーリーガーが、ジャイアンツを自由契約となった。


チームの中心選手 阿部慎之助のファースト転向に伴うものだった。


「アベさんは日本の中心選手。仕方がないことだよ」


2年間でホームラン40本を放った勝負強い男は、恨み言一つ言わず爽やかにチームを去り、ベイスターズへの入団を決めた。



勝負強い打撃。
堅実な守備。
そして、チームメイトを常に励ますチームリーダー。


皆は尊敬と感謝を込めて、彼をチャモさんと呼ぶ。


チャモとは、スペイン語でやんちゃ坊主との意味だ。



自分が結果を出せず辛い時も、若いベイ戦士たちに、明るくポジティブに声をかけていく。


この日も、彼はいつものチャモさんだった。


7回2アウトまで完全試合の東克樹が、ケーシー・マギーにソロホームランを浴びる。


彼は仲間と共に、すぐさまマウンドに駆け寄った。


「いい投球をしているから、リラックスすれば大丈夫」


ルーキーに笑顔が戻る。


後続を断ち切り、デビューからのジャイアンツ戦連勝記録を5に伸ばした。


ポストシーズン進出がかかった大事な試合。


結果でもチームを鼓舞した。


3回には試合を決定づける3ランホームランは来日150号。


かつての本拠地東京ドームでの嬉しい達成となった。


「150という数字に自分でもびっくりしてます。来日6年目で達成することが出来て、DeNAのファンのみなさん、巨人のファンのみなさんにも感謝したいです」


「100%の力を出して、プレーオフに行けるように頑張りたい」



ビッグエッグにこだまする応援歌。
轟き渡る大歓声。


みんなのチャモさんは、最高の笑顔で応えた。


実りの秋がやってくる。


今年も主役はベイスターズだ。



勝負がかかる
痺れる瞬間
流れを我らに
アニモ ロペス
チャモ! チャモ! ロペス!



横浜DeNAベイスターズ。
背番号2。
ホセ・ロペス。


TOGETHER WE CAN DO IT.
チームも、ファンも、一緒なら達成できる。


VICTORY is WITHIN US.