大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

左腕は故郷広島で躍動 #14

2018/09/23(日) MAZDA Zoom-Zoomスタジアム 広島
B1-2xC
勝 中﨑
負 三嶋


1点差のゲームをギリギリで落とし、連勝は4でストップ。


カープのマジックは1になった。


悔しい敗戦の中にも、希望はある。


ハマの左のエースが、故郷で復活したのだ。


奇しくもカープベンチには、広島工業高校の先輩、2000本安打の新井貴浩がいる。


レジェンドは、今シーズン限りの引退を表明。


ハマの若き左腕は、勇気を出して大先輩に挨拶に出向く。


苦労人は、チームの壁など関係なく、後輩の思いに応える。


2年連続の開幕投手に指名されながら、結果が出せずに苦しみ抜いていることを打ち明ける。


先輩は、優しく語りかける。


「誰でも苦しい時はあるけど、そこで心が折れてしまってはいけない。プラスに考えて、次に苦しい時がきたときに、その時期をいかに短くできるかが大切。一流の選手になるためには、それが大事なこと」


中継ぎ降格から、実績を残して掴んだ今一度の先発マウンド。


6回途中1失点。


左腕を振り抜いた。
全力で投げた。
懇親のピッチィングだった。


ポストシーズン進出を目指し、全力で戦う毎日。


この日の好投は、明日に繋がる。


ここまでの悔しさ。
ここまでの屈辱。


それを力に変えて。


連戦は続いていく。


今日も全力投球。
明日も全力投球。
それが我らの使命。


左腕がうなれば
狙いは外さない
ピンポイントの技
攻めろ 攻めろ 健大


横浜DeNAベイスターズ。
背番号14。
石田健大。


GRATITUDE.
ファン、家族、環境、全てのものに感謝。


VICTORY is WITHIN US.