大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

さらば! 男・村田修一 #25

2018/09/28(金) 東京ドーム
B0-1xG
勝 菅野
負 砂田



東京ドームでの最終戦。


砂田毅樹が長野久義にサヨナラホームランを浴び、悔しい悔しいサヨナラ負け。


ここまで65試合登板の鉄腕を誰が責められようか。


歓喜に沸くビッグエッグを見ながら、ふと思い出す。


この光景は、あの日と同じだと。


2011年10月22日。
東京ドーム。
ジャイアンツ戦。


9年所属した、愛するベイスターズでの最終戦。


彼はサードの守備に入る前に、帽子を取って一礼する。


何かの覚悟を決めたかのように。


彼の2本のホームランで2-0で迎えた9回裏。


石川雄洋のエラーから、調子を崩したストッパー山口俊は、長野久義に逆転サヨナラ満塁ホームランを浴びてしまう。


これが、「横浜ベイスターズ」の19年間のラストゲームとなってしまった。


ベイスターズは、この後球団売却を発表する。


前年にもリクシルグループへの身売り交渉が寸前まで行って、破綻していたベイスターズ。


旧スポンサーがこだわったのが、横浜スタジアム。


「横浜に野球を残す。静岡や新潟とか無理なことを言ってきたから。そこだけは譲れなかった」


まさに死に体の1年間。


譲渡先は、新興IT企業のDeNA。


3年後にCS。
5年後に優勝を目指すと、目標を掲げる。


彼は、新首脳陣に問いただす。


「俺は、来年優勝したいんです。代打の切り札になってからでは遅い」


新球団も必死の残留交渉。


だが、彼はFA移籍を決断する。


大好きだった横浜に、あえての美学で、「ジャイアンツは憧れでした」と言って、退路を絶った。


ベイスターズファンは、絶望と無力感に苛まれた。


ジャイアンツでは、リーグ優勝、日本一を経験。


その中でもたげるのが、古巣への思い。


だが、生まれ変わった新球団に彼の居場所はなかった。


2017年オフ。ジャイアンツから自由契約。


2018年は独立リーグの栃木ゴールデンブレーブスに移籍。


NPBへの復帰が叶わぬまま、現役引退を発表した。


栃木の引退セレモニーでは、3人の息子さんたちが、ベイスターズ、ジャイアンツ、ゴールデンブレーブスの25番のユニフォームで父に花束を贈る。


この日の東京ドームでは、同じく3チームのユニフォームを身に着けた3兄弟を、石川雄洋と筒香嘉智が、温かく抱擁する。


青いスーツに、オレンジのネクタイ。


両軍の応援歌が流れる中、グラウンドを一周。
両軍ナインに胴上げされて、男村田はバットを置いた。



あんなに愛した。
あんなに憎んだ。
だから、最後は涙、涙。
泣いて泣いて、最後は笑顔。


16年間、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。



横浜ベイスターズ。
背番号25。


読売ジャイアンツ。
背番号25。


栃木ゴールデンブレーブス。
背番号25。


村田修一。


去って去らず。


長年の疲れを癒して、しばし休んで、その功績を愛する野球界のために。


第二の人生も幸多かれ!


VICTORY is WITHIN US.