大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

いざ進め網谷! その手で舵をとれ #100

インドを流れる悠久なるガンジス川。


その河原に手のひらを下に向けて突き刺す。


抜き取った手の爪の上に残る砂。


広大な河原の砂の数が全ての生命だとしたら、人間に生まれてくる確率は爪の上の砂程度なのだと。



プロ野球戦力外通告の報道に接する度に、この巧みなる比喩を思い出す。


才能を開花させ、スカウトの目に留まり、プロの選手になれたこと自体が凄いことなのだと。



2018年3月27日。
横浜DeNAベイスターズ総合練習場。
ファーム公式戦終了後に、コーチとマンツーマンでバッティングに取り組む彼の姿があった。


春3月とはいえ、観客は皆コートを着込んで観戦。


軍艦の汽笛が響き、春風が海の匂いを運んでくる。


青年は一心不乱にバットを降り続けていく。


横浜の未来がここにあると、その時は思った。


2桁の背番号を背負った彼の勇姿を見ることが出来るのだと。



1997年10月3日生まれ。
千葉県市原市出身の21歳。


千葉英和高校から、2015年ドラフトで育成1位で入団。


育成選手ながら、未来の主軸候補として大きな期待をされた。


端正な顔立ち。
真剣な練習姿勢。
誠実な振る舞い。



捕手として入団はしたが、チャンスを掴むために内野手にも挑戦した。



だが、一軍の公式戦の舞台に立つ夢は叶わなかった。


しかし、若き日にプロの世界に真剣勝負の舞台に身を置き戦ったことは、今後の人生の大きな財産であることは間違いない。




いざ戦え 網谷!
幾多の試練を乗り越えて
いざ進め 網谷!
その手で舵をとれ


横浜DeNAベイスターズ。
背番号100。
網谷圭将。


I BELIEVE ACTIONS MAKE MY MOTIVATION STRONGER AND LEAD ME TO A VICTORY.


行動が動機を強化して成果とする。


新たな道に進んでも、君は永遠にベイスターズの一員だ。


人生の次の舞台に幸あれ!


VICTORY is within US.