大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

泥に咲く蓮華。武士は刀を守り抜き、勝った。 #25

※去年の今日の記事を再投稿します。


泥の中の決闘。


今、読み返して改めて思う。


やはり、優勝するしかない。


ハマスタでCSやって、日本シリーズ行って、ペナントを勝ち取りたい、と!



2017クライマックスシリーズ・セ 1stステージ 阪神甲子園球場


第1戦
10/14
B0-2T
勝 メッセンジャー
負 井納
S ドリス


第2戦
10/15
B13-6T
勝 三上
負 桑原


第3戦
10/16
B-T
試合前中止。
※10/17に順延。



プロ野球秋の陣。
ポストシーズンが幕を開けた。


雨の甲子園球場。


第1戦は両先発がヒットを打たれながらも、要所を締める投手戦。


6回裏、タイガースの4番福留孝介が、ベイスターズ先発の井納翔一のストレートをバックスクリーンに運ぶ大アーチ放ち、勝負あり。


超短期決戦は、まずはタイガースが王手をかけた。



迎えた第2戦。
雨は降り続け、止むことがない。


試合開始を1時間延期し、阪神園芸の皆さんの必死のグラウンド調整で、プレイボールにこぎ着けた。


ベイスターズ先発は、今永昇太。


タイガース先発は、秋山拓巳。


懸命のグラウンド調整にもかかわらず、悪化していく甲子園のダイヤモンド。


二人とも本来のピッチングが出来ずに、揃って3回で降板。


リリーフ陣に後を託す。



引き分けならば、タイガースがファイナルステージに進出。


ベイスターズは勝つしかない。



5回裏の攻防が終われば、試合は成立してしまう。



雨の中、泥の中、取って取られての攻防に、甲子園球場に集った両軍のファンは一喜一憂する。



「コンディションは相手も一緒。自分たちの野球をするだけでした」



5回表。


3-3の同点。


2アウト1塁。


打席には、我らがハマのキャプテン、侍ジャパンの4番。



ここで凡退して5回で試合がコールドで成立してしまえば、ベイスターズの2017年シーズンは、終わってしまう。



「戦いなので。遊び事じゃない。向こうも必死に本気できているし、こっちも本気だよということです。生ぬるいことはできないと思いました」



タイガース石崎剛が内角に投じたボールが、顔面付近をかすめてしまう。


必死によけ、のけぞるキャプテン。



ぬかるんだ足元にバランスを崩し、泥まみれのグラウンドに転倒してしまう。



ユニフォームは泥だらけ。


ただし、武士にとっての刀ともいえるバットは守り抜いた。



そして、勝負師の顔が一段と強さと怖さと鋭さを増した。



繰り返すフルスイング。



執念の一打は、1,2塁間を破るクリーンヒットとなり、宮﨑敏郎の勝ち越しタイムリーへと繋がった。



間違いなくこのシーンが、この試合のハイライト。



雨と泥にまみれた主砲の戦う姿に、魂を揺さぶられた。



泥の中に咲く蓮華のように、困難をものともしない力強さがあった。



7回表には、兄弟のように横浜高校から連れ添う乙坂智に3ランホームランが飛び出し勝負あり。



ベイスターズは、ファイナルステージへ逆王手をかけた。



「もう勝つしかない。明日勝って、広島(ファイナルステージ進出)を決めれるようにがんばる」


キャプテンの言葉は、金剛のように力強い。



横浜の空高く


ホームランかっ飛ばせ 筒香


さあ打て 筒香


飛ばせ 空の彼方


横浜に輝く大砲


かっ飛ばせ ホームラン


GO GO TSUTSUGOH!



横浜DeNAベイスターズ。


背番号25。


筒香嘉智。



栄光目指して、心を一つに。


I☆YOKOHAMA!