大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/05/09(水) MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島

5/9
B1-1C
(延長12回引き分け)


決めきれなかった。
だが、決めさせなかった。


東克樹。
三嶋一輝。
三上朋也。
エドウィン・エスコバー。
井納翔一。
スペンサー・パットン。
砂田毅樹。
山﨑康晃。


自責点0。
8投手の魂のリレー。


それだけに5回表のエラーを彼自身が誰よりも悔やんだに違いない。
だから、バットで結果を出した。


9回表2アウト。
プロ入り初完封目前の岡田明丈が投じた136球目を綺麗に弾き返す同点タイムリー。


真っ赤に染まるマツダスタジアムが静まり返った。


昨年はチーム唯一の全試合フルイニング出場。
少年時代からの憧れの石井琢朗以来の快挙。
決める9番打者として、無類の勝負強さを誇った。


だが、更に上を目指すチームは補強に動く。
タイガースからFAで名手大和を獲得。


彼はセカンドにコンバート。
打撃も不振に陥り、スタメン落ちも経験した。


ここまで山あり谷あり。
壁にぶつかっては乗り越えて来たのが彼の持ち味。


飽くなき探究心。
決して下を向かない強いハート。
苦難を乗り越える力。


また一つ野球人として上のレベルに行こうとしている。


その目標はただ一つ。
チーム20年振りの優勝だ。


かっ飛ばせ
見せろ男意気
さあ打つぞ
勝利へ導け


横浜DeNAベイスターズ。
背番号5。
倉本寿彦。


この週末、ハマの波乗りジョニーがホームに帰ってくる。
年に一度のガルフェスでファンのハートと勝利を掴み取れ。


VICTORY is WITHIN US.