大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/05/12(土) 横浜スタジアム

5/12

B5-6S(延長11回)

勝 松岡

負 砂田


取って取られてのシーソーゲームは、両チームのブルペン陣の力投により延長戦に。


あってはならないミスが引き金となり、悔しい敗戦。


ガルフェスに詰めかけたファンの声援はため息に変わった。


「ハマスタのお客さんはね、野球のツボみたいなものを良くわかっていらっしゃるですよ。だから、どこの球場よりも声援がすごい。応援でスタジアムの雰囲気が変わってしまう。そんな球場はここだけです。選手としてはこんな有難かったことはないし、敵として戦う時は本当に嫌だった」


ベイスターズOBの佐伯貴弘は、過日解説席でしみじみと語った。


4回裏の逆転劇はまさにその姿だ。


「この光景。満員のスタジアム。今の選手達が本当に羨ましい。選手の活躍もそうですが、球団の皆さんの努力のお陰です。僕らが現役の時も球団の方々は本当に努力して下さった。でも僕らがそれに応えられなかった」


佐伯貴弘だけではない。

ホエールズ、ベイスターズのOBは異口同音に語る。

だからこそ、この苦境を脱してまずは勝たねばならない。


それに必要なのは燃えるようなガッツと、相手を上回る執念だ。


延長11回裏。

彼は代打で打席に立った。


不動のリードオフマンとして背番号1を与えられた今シーズン。

不調により、現時点ではレギュラーを失っている。


だが彼は下を向いていない。


ベンチにあっては常に笑顔。

大きな声でチームメイトを鼓舞し続ける。


この日もフォアボールで出塁。

ツーアウトからは果敢なヘッドスライディングで盗塁に成功。


スタジアムの空気は一変する。


このガッツ。

この気迫。

この心意気。


これこそが、今のベイスターズに一番必要なものだ。


これがあれば、必ず結果はついてくる。


今だクワ喰らいつけ

燃えろガッツマン

突っ走れどこまでも

勝利を呼ぶ男


横浜DeNAベイスターズ。

背番号1。

桑原将志。


何があっても下を向くな。

勝利を目指して駆け抜けろ。


VICTORY is WITHIN US.