大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/05/22(火) 横浜スタジアム

5/22

B0-8D

勝 山井

負 飯塚



「明日、球団事務所に来てくれ。スーツでだ」


2012年10月6日。

横浜ベイスターズ内野手の高森勇旗は、球団事務所に呼び出される。


「戦力外通告」


プロ野球選手に対しての契約解除は、実にあっさり行われる。


ここまで積み上げてきた人生を否定されるかのように。



わずか10分程度の通告後、高森はグラウンドに挨拶に行く。


スーツで同僚が練習場に現れる意味は、皆が知っている。


これまでの御礼を丁寧に告げる中で、一人の男が彼の前に現れる。


2006年高校生ドラフト同期。

彼は3位。背番号63。

高森は4位。背番号62。


横浜スタジアムで活躍する事を夢見て、横須賀で共に汗を流してきた。

厳しい練習に耐え抜いてきた。


だが、その仲間が同僚でなくなる。


着慣れぬスーツとユニフォームの男が抱き合う。

汗と涙が染み込んでいく。


2人を見守る仲間も、皆泣いていた。


「俺たちはみんな、いつか野球を辞める時が必ずくる。そしたらその時はどうか、『この世界に入ることができた』ということに誇りを持って辞めていってほしい。この世界に入ることは、普通のことじゃないんだ。だから、何もマイナスなことはない。胸を張って辞めていってほしい」(横浜ベイスターズ元二軍監督 田代富雄)


高森はフリーライターとして、堂々と新しい人生を切り開いている。


あの日、友と抱き合い涙を流しあった彼は、ベイスターズの看板選手の一人として、今日もスタメンに名を連ねた。


敗色が濃厚な9回裏、彼は打席に立った。

皆の思いを背負ってバットを振り抜いた。

打球は左中間フェンス最上段直撃のツーベースヒット。


結果、大ベテラン山井大介に完封を許すことにはなったが、ここから明日への戦いが始まった。



新たな歴史に

その名を刻め

梶谷隆幸

蒼い韋駄天


横浜DeNAベイスターズ。

背番号3。

梶谷隆幸。


明日もハマスタを駆け抜けろ!


VICTORY is WITHIN US.


(参考文献 俺たちの「戦力外通告」 高森勇旗著 ウェッジ)