大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/006/05(火) 横浜スタジアム

6/5

B1-8L

勝 カスティーヨ

負 ウィーランド



僅かの差が大きな得点差となり、完敗。

パ・リーグ首位を快走するライオンズの強さを見せつけられた。



この日は、言論の世界で活躍されている同窓の先輩と観戦。


「君の投稿読んでいたら、横浜スタジアムに行きたくなったよ」


有難い声をかけて頂き、チケットを手配。


ベイスターズ・エールで乾杯。

崎陽軒のシウマイをご馳走になりながら、暮れゆく空の下のハマスタ観戦となった。



野球に詳しい先輩が注目したのは、8回裏に登場した長身右腕。


「いいピッチャーだね。こんなところ(大量ビハインド)で投げるピッチャーではないよ」


まさしくその通りなのだ。



2011年10月22日。

東京ドーム。

シーズン最終戦は、横浜ベイスターズ19年間の歴史に幕を下ろす日でもあった。


この日でチーム去ることになる村田修一。

サードの守備位置に入る際に一礼をした彼は、既に別れを決めていたのだろう。


2000年代の横浜のチームリーダーの2本のソロホームランで2-1のリードで迎えた9回裏。


マウンドにはストッパー山口俊。

このまま終われば有終の美を飾ることが出来る。


だが、石川雄洋のエラーをきっかけに満塁のピンチ。


長野久義の満塁ホームランで逆転サヨナラ負け。


歓喜に沸くジャイアンツ。

苦悩に沈むベイスターズ。


あまりにも「らしい」負け方、終わり方だった。



この試合で先発として好投したのが、この年育成から支配下となり後半戦にブレイクした彼だった。



2009年の育成ドラフト1位。

筒香嘉智とは、同級生にして同期入団。


最下位街道にあえぐベイスターズにあって、まだ見ぬ未来の希望。

打者は筒香。

投手は彼に他ならなかった。



2012年4月4日。

中畑清新監督は、新生DeNA球団の本拠地

開幕投手に彼を抜擢。


だが、結果は残せなかった。


歳月は流れた。


ベイスターズは着実に実力をつけてきた。

後輩達の活躍で、19年振りの日本シリーズにも進出した。


チャンスを生かすことの出来なかった彼は、まさに崖っぷち。


この日の登板も、いわゆる敗戦処理。


「これだけの身長があって、いいボールを持っている。本当にもったいない!」


ハマスタ初観戦の先輩の嘆きは、ベイスターズファン共通の祈りにも似た願いでもある。


このまま終わる投手ではない。


今再びのブレイクを、大復活を、ファンは皆待ち望んでいる。



戦うぞ

闘志みなぎらせて

勝利の海

行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。

背番号65。

国吉佑樹。


WORK'LL WIN WHEN WISHING WON'T.

願いが叶わないとき、勝利を勝ち取るのは努力だ。


VICTORY is WITHIN US.