大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/06/12(火) ZOZOマリンスタジアム

6/12

B0-3M

勝 石川

負 ウィーランド

S 内



1番ライト 神里和毅。

3番レフト 楠本泰史。

6番ファースト 佐野恵太。

7番セカンド 山下幸輝。


この日から個人応援歌が作られた新進気鋭のベイ戦士4人全てスタメンに名を連ねたフレッシュなオーダー。


個人応援歌はチームの期待の現れ。それぞれにファンもついてくる。


チームの躍進の象徴でもある熱き星たちに、更に応援に熱がこもっていく。



だが、マリーンズ投手陣に抑え込まれ完封負け。その中にも光はあった。


8回裏。

先発ジョー・ウィーランドの後を受けて、今シーズン輝き始めたあの男がマウンドに向かった。


マリーンズのクリーンナップをわずか10球。鮮やかに3者凡退で牛耳ってみせた。



今シーズンはプロ入り初先発で好投するなどの大活躍。抜群の安定感を誇っている。


ファンが皆待っていた彼のブレイク。


ここまでは苦労の連続だった。



2014年4月2日。

横浜スタジアム。

ルーキーだった彼は、8-3の大量リードで本拠地デビュー。


だがジャイアンツ打線に捕まる。

0回1/3。

ホセ・ロペスにデッドボール。

打者5人にヒット3本と犠牲フライ。


この後を受けた山口俊も大炎上。

2人で10失点。


屈辱のマウンドになってしまった。


口の悪い一部ファンは、彼が登板するだけで「あ、負けだよ。このゲーム」なんてボヤく。

悔しいかな、それが事実でもあった。



即戦力と期待されて入団し、5年目の今シーズン。


痺れる場面で強打者を打ち取り、涼しい顔でベンチに引き上げる姿は、爽快そのもの。実に頼もしい。


苦しんで苦しんで、遂に一つのポジションを勝ち取った男の顔は精悍に輝く。


屈辱の過去は、栄光の未来への通過点。


頼れる右腕は、今日もマウンドに向かう。


戦うぞ

闘志みなぎらせて

勝利の海

行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。

背番号34。

平田真吾。


LIVE FOR THE DAY.

今日という日を後悔しないように。


VICTORY is WITHIN US.