大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

百戦錬磨の右腕がチームを救う底力に

2018/06/23 ナゴヤドーム

B3-5D

勝 ガルシア

負 東

S 田島



6回裏。まさかのバッテリーエラーから逆転を許し、悔いの残る敗戦。


チームは苦しい戦いが続く。



そんな中、頼もしいベテランが一軍のマウンドに帰ってきた。


この日も、ビハインドの7回裏に登板し無失点。

ドラゴンズ自慢のクリーンナップを抑え、きっちりと仕事を果たした。



1985年4月13日生まれ。

埼玉県川越市出身の33歳。


埼玉平成高校、上武大学、住友金属鹿島から、2009年ドラフト2位で入団。


最下位に喘ぐチームにあって、ルーキーイヤーからローテーション投手として活躍。

防御率3.66をマークしながら、3勝12敗。


その結果が、当時のチーム状況を端的に物語る。



翌年からも、どんな場面でも彼は投げ続けた。


勝ち越しの場面、負け越しの場面、そして同点での痺れる大ピンチ。


歴代の指揮官たちがいかに彼を信頼していたかが分かる。



その中で、彼は一つの称号を手に入れた。


「右の大砲キラー」


深く沈み込むようなサイドスローから繰り出す変幻自在のピッチングは、各球団の強打者達を牛耳っていった。



若い投手陣の台頭もあり、今シーズンはファームスタート。


だが、勝ち抜けないチームを救うため、彼の出番がやって来た。


百戦錬磨の経験と、快刀乱麻の投球で、チームのピンチを救う時が来たのだ。


静かに仕事をやり遂げる男が、今日もマウンドに向かう。



戦うぞ

闘志みなぎらせて

勝利の海

行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。

背番号16。

加賀繁。


BEGINNER'S MIND.

すべての基本は初心にある。


VICTORY is WITHIN US.