大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

ハマの宇宙人は強気で攻め続ける #15

2018/07/08(日) 阪神甲子園球場

B1-0T

勝 井納

負 岩貞

S 山﨑



両チームの先発、リリーフ陣がまさにがっぷり四つの投手戦。


緊迫の投手戦は、相手エラーでもぎ取った虎の子の1点を守り抜いたベイスターズに軍配が上がった。



今シーズン初の先発マウンドに立った彼は気合が違っていた。


「直球がすごくよかった。こういう時の井納さんは、ちゃんとやってくれる」

この日、バッテリーを組んだ嶺井博希が嬉しそうに語る。


「本職」とも言える先発マウンドで大きな身体が躍動する。


5回2/3を無失点。

奪三振5。

投球数100。


本来の実力からすれば、まずは彼本人が満足していないだろう。


だが、彼のとっての嬉しい「開幕勝利」となった。


1986年5月1日生まれ。

東京都江東区出身の32歳。


木更津総合高校、上武大学を経て、NTT東日本から、2012年ドラフト3位で入団。


ルーキーイヤーから先発ローテーションに食い込み、存在感を見せつけた。


威力のあるストレート。

力のある変化球。

抜群のスタミナ。


そして、愛嬌のあるコメント。


いつの日かついたニックネームは「ハマの宇宙人」。



2016年にはシーズン開幕投手に、クライマックスシリーズ1stステージ先発、ファイナルステージと全てで勝利投手に。


大舞台への強さも見せたが、試合後半に捕まることもしばしば。


そうした中指揮官は彼にセットアッパー転向を命じた。

だが、結果は残せなかった。


屈辱の二軍降格の中で、彼は1つの金字塔を打ち立てる。


2018年7月1日。

横須賀スタジアム。


ファーム公式戦ながら、ノーヒットノーランを達成。


堂々たる結果で、一軍先発マウンドをもぎ取り凱旋してきた。



ベイスターズの今年のウィークポイントは先発投手陣。


逆に言えば、そこが整えば十分に追撃が可能だ。


雨は上がった。

宇宙人は私だ。


セ界の中心に、彼が戻ってきた。


これからが、横浜の季節。


昨年以上の誰も見たことがない、ドラマの幕開けだ。



戦うぞ

闘志みなぎらせて

勝利の海

行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。

背番号15。

井納翔一。


KEEP ON ATTACKING.

どんな状況でも弱気にならず、強気で攻め続ける。


VICTORY is WITHIN US.