大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

素直に、謙虚に、貪欲に。 #26

2018/07/25(水) ナゴヤドーム

B4-3D

勝 濱口

負 ガルシア

S 山﨑



昨年の10勝左腕、新人特別賞を受賞した彼がようやくの初勝利。


苦しみ抜いて掴んだ勝利の後には、満面の笑みが浮かんだ。


人呼んで「ハマのハマちゃん」。

身も蓋もないニックネームだが、何故かしっくりくる。


豪快無比のピッチングと太陽の様な笑顔にピッタリだからだ。


1995年3月16日生まれ。

佐賀県三養基(みやき)郡出身の23歳。

三養基高校から神奈川大学を経て、2016年ドラフト1位で入団。


髙城俊人とのバッテリーで快進撃を続け、ルーキーでの10勝は1997年の川村丈夫以来20年ぶり。

左投手としては、1958年の鈴木隆以来59年ぶり。


クライマックスシリーズファイナルステージでも会心のピッチングで勝利投手。


0勝3敗で迎えた日本シリーズ第4戦では、8回1死までノーヒットノーランの快投。


巨大戦力のホークスをねじ伏せていく姿に、指揮官は2018年シーズンのスローガンを閃きノートに記した。


左肩違和感で出遅れた2年目の今シーズン。


長いイニングを投げきれない。

味方のリードを守りきれない。

抑えても味方が得点できない。


7月1日のカープ戦では、1イニング4者連続押し出しという不名誉な記録までつくってしまった。


これが1歳歳上の“恋女房”との最後のバッテリーとなってしまった。


7月9日。

髙城俊人のオリックス・バファローズへの交換トレードが発表される。


「おれが全部止めるから、腕を振ってこい。絶対に止めるから、ワンバウンドになってもいいから、思い切り腕を振ってこい」


優しい笑顔で頼もしく力強くリードしてくれた姉さん女房との別れ。


だが、落ち込んでいる暇はない。

勝利に向けて、戦うのみ。

頑張って結果を出すことが恩返しになるからだ。



「違う自分の投球スタイルを引き出してくれている。今までのものに上積みができる」


新司令塔・伊藤光とのバッテリーで初勝利。

チームも連敗ストップ。


指揮官が後半戦のキーマンに上げる男の、新たな物語が始まった。


左腕がうなれば

狙いは外さない

ピンポイントの技

攻めろ 攻めろ ハルヒロ


横浜DeNAベイスターズ。

背番号26。

濱口遥大。


BE HONEST, BE HUMBLE

AND BE GREEDY.

素直に、謙虚に、貪欲に。


VICTORY is WITHIN US.