大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

恐怖の2番打者 #99

2018/07/26(木) ナゴヤドーム

B5-4D

勝 田中健

負 吉見

S 山﨑


連夜の1点差ゲームを制し、後半戦初のカード勝ち越し。


ヒーローインタビューに呼ばれたのは、昨夜に続いての「新・恐怖の2番打者」。


端正な顔立ちで、少しだけはにかみながら、明日への決意を述べた。



大リーグ流の「攻撃的2番打者」。


ベイスターズにおいてはハマったことはなかった。


2001年シーズン。

森祇晶監督は、ロバート・ローズの後継の4番打者に鈴木尚典を指名する。

当時評論家だった落合博満もキャンプ中に鈴木の指導にあたった。


だが、その策は見事に外れる。


真面目で器用なタイプではない鈴木は、なれない打順と様々な指導に自分のバッティングを見失う。


2004年シーズン。

前年からチームの指揮を執っていた山下大輔監督は、「大ちゃんス打線の目玉」として、大リーグ流2番打者最強論を採用。


鈴木が2番に指名されたが、これもまたハマらなかった。


ハマの安打製造機は、微妙なメンテナンス狂いで、その本調子を崩していってしまう。


だが、鈴木本人からは一切の言い訳はない。

「自分の実力不足」と、今でも言い切っている。



2016年シーズン。

チーム初の外国人監督となった現指揮官も、2番打者最強論を用いた。


指名されたのは、梶谷隆幸。


ハマの蒼い韋駄天も、実は真面目で不器用なタイプ。


トリプルスリーも狙える逸材だが、彼もまた2番打者にハマらなかった。

「自由に打てと言われてもあれこれ考えすぎてしまった」


今シーズンも、怪我での出遅れもあり、いまだに本領発揮とはいっていない。



だが、この後半戦。

彼は2番にハマった。


いや、ハマったと言うより打順に関係なく、練習を積み、研究を重ね、最高のパフォーマンスをと精進しているのが結果に結びついているのだろう。


チーム全員にとっての心の支えでもあるホセ・ロペスとは、相手の攻め方を共有。食事を共にするなど公私にわたって支えられている。


その効果はてきめんだった。


2日連続のホームラン。

しかもこの日は2打席連発。

後半戦、圧倒的な打棒でチームを牽引している。


嵐のカリビアンが、反転攻勢の口火を切った。


陽気で誠実な男が、今日も初回の打席に立つ。


勝利への先手を掴むために。



Going on ソト!

Touch'em all ソト!

君は嵐のカリビアン

見せつけてやれ

パワフルスイング

ソト! ソト! ソト!レッツゴー!


横浜DeNAベイスターズ。

背番号99。

ネフタリ・ソト。


THE ROAD IS MY STRENGTH,

I HAVE NOTHING TO FEAR.

失敗を恐れず挑戦し続ける。


VICTORY is WITHIN US.