大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

VICTORY is within US. 2018年シーズンを振り返る。

本年1年間、このコラムを読んでいただき、大変にありがとうございました。


我らがベイスターズは残念ながら4位。


来年こそは悲願のリーグ優勝。ハマスタでのクライマックス開催、そして日本一といきたいものです。


さて、ほぼほぼ毎試合感想を投稿してきました。


ベイスターズで語り合えることの幸せを実感した毎日でした。


①1試合1人。最も心を揺さぶられたことを書く。
②勝っても負けても極力書く。
③ディスらない(^^;;


さて、この投稿。実はこっそりエクセルで表にまとめていました(^^;;


大晦日特別企画として、勝手に集計記録を発表したいと思います。



投稿数第1位 14回 筒香嘉智


筒香あってのベイスターズ。
各球団のマークも厳しくなり、自身もケガを隠しながらの大奮闘。
誰よりもこの成績に悔しがっているのは、彼自身。
成長し続ける我らがキャプテン。
メジャーには、日本一を達成して堂々と乗り込んでほしい!




第2位 7回 東克樹


文句なし、堂々の新人王。
精密機械の石田、智勇兼備の今永、豪快無比の濱口。
3人の先発左腕の先輩たちのすべてを兼ね備えたハマのバナナ王子。
来期開幕も狙える。
2年目のジンクスを克服できるか?




同率第3位① 6回 桑原将志


不調のため、シーズン開幕直後にスタメン落ち。
サイクルヒットを記録するも、太陽のような笑顔は見られず。
ハマの元気印の復活こそ、ベイスターズ逆襲の必須条件。




同率第3位② 6回 山﨑康晃


小さな大魔神の最大の敵は、己の心と真夏のハマスタ。
キャプテンの一喝で自分を取り戻し、初のセーブ王を獲得。
侍ジャパンの守護神ともなった。
心と体をより一層鍛え上げ、2019年こそ胴上げ投手に!




同率第3位③ 6回 今永昇太


「投げる哲学者」の、苦悩にあえぎ続けた2018年シーズン。
だが、明けない夜はない。
冬は必ず春となる。
この悔しさは必ず来年の力になる。
否、せねばならない。
君はこのまま終わる男ではない。




同率第3位④ 6回 ネフタリ・ソト


神様。
仏様。
ネフタリ・ソト様。
テスト入団。
怪我で開幕直後のファーム降格。
5月の初登場後、記憶にも記録にも残る大活躍。
ホームラン王にベストナイン。
進化し続ける嵐のカリビアンのバットは冴え渡り続ける。




同率第7位① 5回 三嶋一輝


未完の大器が、遂にブレイク。
昨年のCSファイナルステージでのロングリリーフの経験が生き、大車輪の活躍。
「今年ダメなら、もう野球は続けられない。どうなってもいいから全力で投げぬく」
闘志溢れるピッチングが、何度チームを生き返らせたことか。





同率第7位② 5回 京山将弥


笑顔なきシンデレラボーイ。
そのふてぶてしさは、まさにプロ向き。
加賀繁引退試合での準完投に更なる未来を感じさせた。
2019年はローテーション、規定投球回数クリア、そして二桁勝利だ!





いかがでしたでしょうか?


皆様、一年間このコラムを読んでいただき、大変にありがとうございました。


どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


VICTORY is within US.
I☆YOKOHAMA!

青空トランペット

青空トランペット
ティーンズ文学館
学研プラス
作 吉野万理子
絵 宮尾和孝


小学6年生の広記は、父、妹の奈奈、同級生の建太郎、トモちんと横浜スタジアムでベイスターズの応援をするのが一番の楽しみ。


憧れは、ハマのキャプテン筒香嘉智。
「体が大きくって、森のどまんなかに生えてる、どっしりした木みたいだ」


「応援する人じゃなく、応援される人になりなさい」


こうお母さんに言われたという建太郎は、もう観戦は一緒に出来ないと言い出す。


2016年春、ベイスターズは最下位にあえいでいた。


「君は将来、何になりたいの?」


大人が子供に聞く質問の定番。


小学6年生の広記にとって、こんなに難しい質問はない。


トモちんは地元野球チームのエース。男の子に負けていない。
広記は、5年生の時にそのチームを辞めてしまったけど。


建太郎は中学受験して、自分の夢をつかみに行くらしい。


ハンディキャップのある妹の奈奈は、しっかりとした自分の考えを持っている。


ベイスターズがはじめてクライマックスシリーズに進出した2016年。


ハマの番長三浦大輔が現役を引退した2016年。


広記の家にも小さな奇跡が舞い降りる。


語り合うこと。


人を励ますこと。


「応援」する人自身が、実は元気になっていく。


空に向かってかっ飛ばせ! Para a calle!

空に向かってかっ飛ばせ!

未来のアスリートたちへ

筒香嘉智


闘いに挑む凛々しき戦士の眼光。


子供たちと野球を楽しむ青年の心からの笑顔。



表紙の筆者の対照的な表情は、同じ人物とは思えない落差がある。


だが、この2枚の写真こそがこの本のテーマだ。



横浜DeNAベイスターズのキャプテンにして、侍ジャパンの主砲。


著者は日本中の野球少年たちの憧れの存在。


その彼が、愛する野球のために、未来のアスリートたちのために、あえて語り尽くした。



少子高齢化以上の勢いで減少している野球少年人口。


その原因のひとつに、「勝利至上主義」があると警鐘を鳴らす。



経験を押しつけるだけの一方的な指導。


叱責や怒号が飛び交うグラウンド。


選手の健康や可能性や将来よりも、目先の勝利のために繰り返される采配。


野球界における「教育」は、指導者の経験則からの「教える」側面だけで、「育む」側面が大きく欠けているのではないか。



少年時代から日本一の打者になっていく中での自身の体験になぞらえ、プロ野球選手として活躍しながら、自身の出身のボーイスリーグから改革の闘いを始めている。



スポーツの主役は選手。


ならば、その選手ひとりひとりの可能性、それぞれの考える力を伸ばしていく指導こそが、今求められていると力説する。


「自分の考える型にはめるのではなく、僕の特長や目指してきたことを理解して、それを伸ばして下さるコーチと出会ったことが、僕の転機でした」(123ページ)


ベイスターズに入団後伸び悩んだ時期に、徹底した対話と、目指すべき目標を明確にした上での徹底した練習。


その先に現在の彼の姿がある。


その言葉は重い。



「経験論ばかりを語り、指導について学んでいない大人たちが、悪気はないにせよ勝つために子供たちを酷使し、それが多くの選手の将来を台無しにしていることは、あまりに残念でなりません」(179ページ)


良いも悪いも全て経験してきた上で、現在を全力で、そして未来のために我らのキャプテンは闘う。


ならば、この本を読んだ一人として何か出来ることはあるはずだ。


ハマの主将の、日本の主砲の闘いは、始まったばかり。


日本の野球が、今大きく変わり始める。



横浜の空高く

ホームランかっ飛ばせ 筒香

さあ打て 筒香

飛ばせ 空の彼方

横浜に輝く大砲

かっ飛ばせ ホームラン


横浜DeNAベイスターズ。

背番号25。

筒香嘉智。


Para la calle!

空に向かってかっ飛ばせ!