大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

愛する横浜に三度目の入団。掴めよ 日本一の旗を! #74

2018/10/26(金)



横浜スタジアムのロッカールームで荷物を片付けながら、彼は人目はばからず号泣していた。


愛するベイスターズで優勝したかった。
野球人生を全うしたかった。


あの日の涙から5年の歳月がたった。


今日、彼は一軍バッテリーコーチとして、5年ぶりに復帰することが球団から発表された。



1977年5月30日生まれ。
兵庫県高砂市出身の41歳。


神港学園高校から、1995年ドラフト5位で入団。


2004年に一軍に定着すると、相川亮二に次ぐ二番手捕手として活躍。


別れは突然やってきた。


2008年6月10日。
シーズン中に真田裕貴とのトレードでジャイアンツに移籍。


最下位に喘ぐチームは、タフネス右腕の獲得の代償として、彼を放出してしまう。


ジャイアンツ移籍後は、阿部慎之助の控えながらも、日本シリーズにも出場。


大きな舞台を経験し、着実に力をつけていく。


そして勝ち取ったフリーエージェントの権利。


2011年12月11日。
新生横浜DeNAベイスターズへの復帰を果たす。


トレードで放出された球団に、FA権を行使して、凱旋してきてくれたのだ。


相も変わらず下位に喘ぐチームにあって、正捕手として活躍。


時には激しく。
時には包み込むように。


栄光を知らない投手達を引っ張って行った。



そして、別れは再びやってくる。


2014年1月6日。
FAでタイガースから移籍した久保康友の人的補償選手となることが発表される。


男泣きに泣いて、愛する横浜を後にして、故郷の兵庫へ。


タイガースの入団会見では、満面の笑顔で抱負を語った。


もう涙はない。
あるのは古巣への闘志のみ。


彼の移籍後、ベイスターズはタイガースに勝てなくなった。


2014年から5年連続で負け越している。



藤浪晋太郎、呉昇桓らと抜群の相性も発揮。


2014年には、またもや日本シリーズ出場を果たした。


2016年オフに現役引退。


千葉ロッテマリーンズのファームコーチを務めた後、今日の復帰発表となった。


20年前、横浜が日本一の栄光に輝いた時、彼はまだ横須賀の選手だった。


愛する横浜に、3度目の入団。


捲土重来を期するベイスターズには、バッテリーの強化が最大の課題。


その豊富な経験と、熱き魂。
勝利への執念が、チームを栄光に導く。



我らは日々信じる
お前のバットが
勝利に沸く歓声
こだまさせる


横浜DeNAベイスターズ。
一軍バッテリーコーチ。
背番号74。
鶴岡一成。


日本一を横浜で成し遂げよう!


VICTORY is within US.


打てるものなら、打ってみろ!

2018/10/23(火)


史上唯一、横浜大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズで活躍した大エースが、帰ってくる。


現役25年間で、535試合登板。172勝184敗。


彼の野球人生は1998年の日本一の歓喜以外の時期は、苦しみや悔しさと向き合う日々だった。



1973年12月25日生まれ。
奈良県橿原市出身の44歳。


大和高田市立高田商業高校から、1991年ドラフト6位で、横浜大洋ホエールズに入団。


剛速球があるわけでもない。
魔球があるわけでもない。


ならば、練習して技術を磨いていく以外に道はなかった。


そして、目立ってやろう。
誰もやっていないリーゼントをトレードマークに、頭角を現していった。


だが、1998年の日本一以降は横浜の暗黒時代。


雨が降ろうと、ハマスタに閑古鳥が鳴こうと、彼は投げ続けた。


応援してくれるファンが喜ぶために。


もう一度、強いチームを倒して優勝するために。



2011年オフに新球団となったベイスターズは、着実に力をつけてきた。


2017年にはリーグ3位ながらクライマックスシリーズの激戦を勝ち抜き、19年ぶりに日本シリーズにも進出。


優勝しかない!
誰もが期待する中臨んだ2018年シーズンは、まさかのBクラス。


先発投手陣の崩壊が、その大きな要因の一つであることは誰の目にも明らかだ。


指導者としてベイスターズに戻る。
そのためにありとあらゆる経験を積んできた。


満を持して、ハマの番長が帰ってくる。



Go Go Let’s Go
跳ねろマウンド 三振奪取
決まってるぜ リーゼント
勝利だ三浦


横浜DeNAベイスターズ。
三浦大輔。



HIT IT, IF YOU CAN.
打てるものなら、打ってみろ!


VICTORY is within US.


最後のクジラが帰ってくる!

2018/10/23(火)


大洋ホエールズ最後の強打者にして、横浜ベイスターズの監督代行、湘南シーレックス(かつてのベイスターズの二軍)監督などを歴任した背番号26。


1956年7月9日生まれ。
神奈川県小田原市出身の64歳。


藤沢商業高校から、1972年ドラフト3位で大洋ホエールズに入団。



朴訥で激しい自己主張をしない彼だったが、元大リーガーの名三塁手クリート・ボイヤーの懇切丁寧なアドバイスにより、その才能を開花させる。


ボイヤーの帰国後は、その後継者としてサードのレギュラーを勝ち取る。



滞空時間の長い美しい放物線を描くホームランを、幾度となく川崎の、そして横浜の夜空に打ち込んだ。


引退後は指導者として、今や球界を代表する強打者を何人も育て上げた。


多村仁志。
金城龍彦。
内川聖一。
村田修一。
吉村裕基。
下園辰哉。
梶谷隆幸。


そして、筒香嘉智。


皆が、異口同音に語る。


「田代さんには、本当にお世話になった」


いつも一生懸命なのに、どこか抜けたところが憎めない性格から、ついたあだ名は「オバQ」。


2009年シーズン途中には、低迷するチームの監督代行に就任。


最下位に喘ぎながらも、選手を信じ、育て、指揮をとっていった。


「来シーズンも、オバQでお願いします!」


オールスターブレイクの際に開かれた決起集会では、当時のチームリーダー 村田修一が、ユーモアを交えて球団幹部に直訴。


誰からも愛されていた。


翌2010年は、再び二軍監督に就任。


横浜高校から入団した筒香嘉智を、鈴木尚典と共に育て上げた。


「俺には背広は似合わない。現場にこだわりたい」


球団からのフロント就任要請を断り、彼は静かに球団を去っていった。


その後、様々な球団を渡り歩いてきた。


そして今日、球団は彼のコーチ就任を正式に発表した。


旅に出ていた「最後のクジラ」が、横浜に帰ってくる。



横浜の空高く
ホームランかっ飛ばせ 田代


田代が打つぞ
一発ホームラン
気合を込めて
スタンドへ


横浜DeNAベイスターズ。
田代富雄。



反転攻勢の戦いが、始まった。


VICTORY is within US.