大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

雨と涙のハマスタ。ありがとう加賀繁! #16

2018/09/21(金) 横浜スタジアム
B9-1D
勝 京山
負 小熊



石川雄洋のヘッドスライディング。
筒香嘉智のハマスタ100号ホームラン。
そして、京山将弥の準完投ピッチング。


それは、全て彼のためにと後輩たちが奮闘した結果だった。


それは、彼のピッチングが引き出したものでもあった。


引退試合は、4年ぶりの先発マウンド。


相対するはドラゴンズの右の強打者 平田良介。


「一球一球に9年間の思いを込めた」


最後は123キロのスライダーで空振り三振。


雨の降り頻る横浜スタジアム。
万雷の大拍手。
轟き渡る大歓声。


チームメイトとマウンドで抱擁を交わし、有終の美を飾った。



1985年4月13日生まれ。
埼玉県新座市出身の33歳。


埼玉平成高校、上武大学を経て、住友金属から、2009年ドラフト2位でベイスターズに入団。


低迷するチームにあって、ルーキーイヤーは先発の軸として。2年目以降は主に中継ぎとして、粘り強く投げ抜いた。


沈み込むような独特のサイドスロー。
巧みな投球術。


中でも右の強打者には無類の強さを誇った。


スワローズの主砲 ウラディミール・バレンティン。


シーズン最多本塁打記録を持つ大砲を、初対戦から20打席無安打に抑え込んだ。


「加賀、バレンティンだ。君の経歴に敬意を表するよ。抑えられる事が多かったけれども、君との対戦は楽しかった。ホントニアリガトウゴザイマシタ」


最高の対戦相手からのメッセージも紹介された感動の引退セレモニー。


愛する3人の息子と共に、場内を一周。


戦場に向かうため何度も乗り込んだリリーフカーに乗るのもこれが最後。


「目立たない自分でしたが、このマウンドに上がるたびに大きな声援をいただき、とても力になりました。9年間ありがとうございました」



しばし休んで、長年の疲れを取って、いつかまた愛するベイスターズのために。


その経験と人柄は、横浜の大きな財産だ。


去って去らず。


9年間、大変にお疲れ様でした。


そして、本当にありがとうございました。



戦うぞ
闘志みなぎらせて
勝利の海
行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。
背番号16。
加賀繁。


BEGINNER'S MIND.
全ての基本は初心にある。


VICTORY is WITHIN US.


TOGETHER WE CAN DO IT. #2

2018/09/19(水) 東京ドーム
B6-1G
勝 東
負 吉川光



1993年オフ、日本プロ野球界にフリーエージェント制度が導入された。


その目玉はドラゴンズの落合博満。
三冠王3度の強打者は、ジャイアンツに移籍する。


出場機会を求めたジャイアンツのファースト駒田徳広はFA宣言。


この年、横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズへと生まれ変わた球団は、駒田の獲得に動く。


それに並行するかのように、高木豊、屋敷要、大門和彦、山崎賢一、市川和正、松本豊を解雇。


功労者への無残な仕打ちに、ファンは反発。


低迷するチームにあって、駒田には情け容赦ないヤジも飛んだ。


閑古鳥が鳴くハマスタでは、選手にヤジが良く届く。


気性の荒い駒田は、それに本気で食ってかかかる事もあった。


そんな中、チームは徐々に力をつけていく。


抜擢された若手が結果を出し始めたのだ


1997年には18年ぶりの2位。
1998年には38年ぶりの日本一を成し遂げた。


その時のキャプテンが駒田。


チームで唯一の優勝経験者は、グラウンドでも、オフの時でも、チームの精神的支柱であった。



2014年オフ。
元メジャーリーガーが、ジャイアンツを自由契約となった。


チームの中心選手 阿部慎之助のファースト転向に伴うものだった。


「アベさんは日本の中心選手。仕方がないことだよ」


2年間でホームラン40本を放った勝負強い男は、恨み言一つ言わず爽やかにチームを去り、ベイスターズへの入団を決めた。



勝負強い打撃。
堅実な守備。
そして、チームメイトを常に励ますチームリーダー。


皆は尊敬と感謝を込めて、彼をチャモさんと呼ぶ。


チャモとは、スペイン語でやんちゃ坊主との意味だ。



自分が結果を出せず辛い時も、若いベイ戦士たちに、明るくポジティブに声をかけていく。


この日も、彼はいつものチャモさんだった。


7回2アウトまで完全試合の東克樹が、ケーシー・マギーにソロホームランを浴びる。


彼は仲間と共に、すぐさまマウンドに駆け寄った。


「いい投球をしているから、リラックスすれば大丈夫」


ルーキーに笑顔が戻る。


後続を断ち切り、デビューからのジャイアンツ戦連勝記録を5に伸ばした。


ポストシーズン進出がかかった大事な試合。


結果でもチームを鼓舞した。


3回には試合を決定づける3ランホームランは来日150号。


かつての本拠地東京ドームでの嬉しい達成となった。


「150という数字に自分でもびっくりしてます。来日6年目で達成することが出来て、DeNAのファンのみなさん、巨人のファンのみなさんにも感謝したいです」


「100%の力を出して、プレーオフに行けるように頑張りたい」



ビッグエッグにこだまする応援歌。
轟き渡る大歓声。


みんなのチャモさんは、最高の笑顔で応えた。


実りの秋がやってくる。


今年も主役はベイスターズだ。



勝負がかかる
痺れる瞬間
流れを我らに
アニモ ロペス
チャモ! チャモ! ロペス!



横浜DeNAベイスターズ。
背番号2。
ホセ・ロペス。


TOGETHER WE CAN DO IT.
チームも、ファンも、一緒なら達成できる。


VICTORY is WITHIN US.


君こそハマの太陽 #99

2018/09/17(月) 横浜スタジアム
B6×-4T(延長10回サヨナラ)
勝 エスコバー
負 ドリス



カリブの熱風が、ハマスタに駆け抜けた!


前日に22年ぶりの1試合20失点を喫したばかりのデーゲーム。


晩夏の蒸し暑さを吹き払う、逆転2ランホームランが初回から飛び出す。


お互いに借金2桁のチームとはいえ、ポストシーズンをかけた熱い戦い。


そんなのは邪道だよと言うのもその通り。


だが、悪法も法なり。


決められたルールの中で戦い抜くのがプロ。


僅かな可能性にしがみつくのもプロだ。


「ポストシーズンに出ることは野球人のやりがい」


この日のヒーローは感慨深く語った。



縁とは不思議なもの。


僅かなチャンスをものにして、プエルトリカンは、昨秋ベイスターズの一員となった。


オープン戦で大活躍し、掴み取った一軍登録。


だが、右ふくらはぎの違和感で登録抹消。


ファームで、時を待ち、時を創った。


誰に言われるでもなく、全力疾走。


若手ともベテランとも積極的にコミュニケーション。


万永貴司監督ら二軍首脳陣の想像をこえるナイスガイぶり。


5月の一軍昇格以降は、まさに神がかった活躍。


グレン・ブラッグス。
ロバート・ローズ。
タイロン・ウッズ。
トニ・ブランコ。
ユリエスキ・グリエル。
そして、ホセ・ロペス。


ベイスターズを彩った右の強打者助っ人列伝に、背番号99は加わった。


延長10回裏。
相対するは、ここまでベイスターズ戦に無類の強さを誇ってきた、タイガースのストッパー ラファエル・ドリス。


簡単に2アウトを取られた後、宮﨑敏郎が出塁。


ハマスタのボルテージは最高潮。


彼が降り抜いた弾道は、一気にハマの空の彼方に消えていった。


「チームメイトがホームベースで待っていて、私を祝福してくれてすごく嬉しかった」


君こそ、ハマの希望。
君こそ、ハマの太陽。
君こそ、ハマの逆襲の旗頭。


今一度、誰も見たことがないドラマの幕が上がった。



Going on ソト!
Touch'em all ソト!
君は嵐のカリビアン
見せつけてやれ
パワフルスイング


ソト ソト ソト レッツゴー!


横浜DeNAベイスターズ。
背番号99。
ネフタリ・ソト。


THE LORD IS MY STRENGTH.
I HAVE NOTHING TO FEAR.
失敗を恐れないで挑戦し続けるんだ。主はわたしとともにいる。


VICTORY is WITHIN US.