大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

雨と涙のハマスタ。ありがとう加賀繁! #16

2018/09/21(金) 横浜スタジアム
B9-1D
勝 京山
負 小熊



石川雄洋のヘッドスライディング。
筒香嘉智のハマスタ100号ホームラン。
そして、京山将弥の準完投ピッチング。


それは、全て彼のためにと後輩たちが奮闘した結果だった。


それは、彼のピッチングが引き出したものでもあった。


引退試合は、4年ぶりの先発マウンド。


相対するはドラゴンズの右の強打者 平田良介。


「一球一球に9年間の思いを込めた」


最後は123キロのスライダーで空振り三振。


雨の降り頻る横浜スタジアム。
万雷の大拍手。
轟き渡る大歓声。


チームメイトとマウンドで抱擁を交わし、有終の美を飾った。



1985年4月13日生まれ。
埼玉県新座市出身の33歳。


埼玉平成高校、上武大学を経て、住友金属から、2009年ドラフト2位でベイスターズに入団。


低迷するチームにあって、ルーキーイヤーは先発の軸として。2年目以降は主に中継ぎとして、粘り強く投げ抜いた。


沈み込むような独特のサイドスロー。
巧みな投球術。


中でも右の強打者には無類の強さを誇った。


スワローズの主砲 ウラディミール・バレンティン。


シーズン最多本塁打記録を持つ大砲を、初対戦から20打席無安打に抑え込んだ。


「加賀、バレンティンだ。君の経歴に敬意を表するよ。抑えられる事が多かったけれども、君との対戦は楽しかった。ホントニアリガトウゴザイマシタ」


最高の対戦相手からのメッセージも紹介された感動の引退セレモニー。


愛する3人の息子と共に、場内を一周。


戦場に向かうため何度も乗り込んだリリーフカーに乗るのもこれが最後。


「目立たない自分でしたが、このマウンドに上がるたびに大きな声援をいただき、とても力になりました。9年間ありがとうございました」



しばし休んで、長年の疲れを取って、いつかまた愛するベイスターズのために。


その経験と人柄は、横浜の大きな財産だ。


去って去らず。


9年間、大変にお疲れ様でした。


そして、本当にありがとうございました。



戦うぞ
闘志みなぎらせて
勝利の海
行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。
背番号16。
加賀繁。


BEGINNER'S MIND.
全ての基本は初心にある。


VICTORY is WITHIN US.