大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

TAKE PRIDE IN YOUR HEART. #19

2018/10/09(火) 明治神宮野球場
B4-1S
勝 三嶋
負 館山
S 山﨑


ポストシーズン進出への僅かの可能性を残し、神宮の秋空にプレイボールがかかる。


目の前の試合とスマホでの速報に一喜一憂するスタンド。


リードを常に奪う展開ながらも、試合途中にベイスターズの2018年シーズンは終わってしまった。


一塁側やライトスタンドのスワローズファンからも、ため息が漏れる。


タイガースファンの友人からラインが届く。
「不甲斐ない戦いをしてすまない」と。


そして9回裏。
3点リードで、彼がマウンドに向かう。


怒涛のヤスアキジャンプが彼を迎え入れる。


三者凡退で今シーズン37セーブ目。
自身初のセーブ王を単独受賞で決めたその顔に、笑顔はなかった。


本拠地ハマスタで打ち込まれた。


勝負の夏に勝ち切れなかった。


あと1回、あと1人、あの時に抑えることが出来ていれば。


選手も、スタッフも、ファンも、みんなが悔しい思いを共有している。


こんなはずじゃなかった、と。


「みんなでAクラスを目指してやってきた。悔しい思いが強い。もっと力をつけないと」


誰よりも彼自身が、それを痛感している。


悔しさを知らずして成長はない。


この屈辱を力に変え、敗因を見つめ直し、また立ち上がるしかない。



そして、2019年秋。
凱歌のマウンドに必ずや向かうのだ。


君ならそれが出来る。



戦うぞ
闘志みなぎらせて
勝利の海
ゆくぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。
背番号19。
山﨑康晃。


TAKE PRIDE IN YOUR WORK.
自分の仕事に誇りを持つ。


VICTORY is within US.