大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

青空トランペット

青空トランペット
ティーンズ文学館
学研プラス
作 吉野万理子
絵 宮尾和孝


小学6年生の広記は、父、妹の奈奈、同級生の建太郎、トモちんと横浜スタジアムでベイスターズの応援をするのが一番の楽しみ。


憧れは、ハマのキャプテン筒香嘉智。
「体が大きくって、森のどまんなかに生えてる、どっしりした木みたいだ」


「応援する人じゃなく、応援される人になりなさい」


こうお母さんに言われたという建太郎は、もう観戦は一緒に出来ないと言い出す。


2016年春、ベイスターズは最下位にあえいでいた。


「君は将来、何になりたいの?」


大人が子供に聞く質問の定番。


小学6年生の広記にとって、こんなに難しい質問はない。


トモちんは地元野球チームのエース。男の子に負けていない。
広記は、5年生の時にそのチームを辞めてしまったけど。


建太郎は中学受験して、自分の夢をつかみに行くらしい。


ハンディキャップのある妹の奈奈は、しっかりとした自分の考えを持っている。


ベイスターズがはじめてクライマックスシリーズに進出した2016年。


ハマの番長三浦大輔が現役を引退した2016年。


広記の家にも小さな奇跡が舞い降りる。


語り合うこと。


人を励ますこと。


「応援」する人自身が、実は元気になっていく。