大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

横浜高校の遺伝子

2018/06/30(土) 横浜スタジアム

B2-1C

勝 東

負 野村

S 山﨑



GET THE FLAG!シリーズ5戦目。

試合前のイベントには、1998年優勝時の主力2人が登場。


ハマの司令塔 谷繁元信。

ハマの安打製造機 鈴木尚典。


それぞれ、現役の同ポジションの現役選手とメモリアルピッチ。


谷繁は嶺井博希に。


鈴木は横浜高校の後輩でもある主砲を相手に。


超満員の大観衆からの温かい声援と拍手が送られた。



灼熱の炎天下のデーゲーム。


ベイスターズ東克樹、カープ野村祐輔の投手戦で、試合は進んでいく。


0-1で迎えた6回裏。

1死2塁のチャンス。


打席には我らがキャプテンが向かう。


狙い済ました一撃は、ベイスターズファンで溢れかえるライトスタンド最上段に飛び込む逆転ホームラン。


これが決勝点となった。



高校通算69ホームランの実績を引っさげて、横浜高校から2009年ドラフト1位で入団。


「僕の憧れは、高校の先輩の鈴木尚典さんです」


チームは、未来の大砲をファームで育てる計画を立てた。


当時の二軍打撃コーチは鈴木尚典。


憧れの大先輩の指導で彼は才能を開花させていく。


ルーキーながらファームの本塁打と打点の二冠王。


2010年10月7日。

横浜スタジアム。

シーズン最終戦。


タイガース黄金のJFKの一角 久保田智之から鮮やかなプロ入り初ホームランを放った。


3年連続の最下位に喘ぎ、希望を失っていたファンは、そこに一条の光を見た。


2014年には、クリーンナップの一員として定着。

ポジションも憧れの鈴木尚典と同じ、レフトのレギュラーとなった。


2015年には、四番打者にしてキャプテンにも就任。


ここから新生DeNA球団の覚醒が始まっていく。


「毎試合多くのファンが応援してくれています。選手全員が優勝するんだという気持ちを持って残り試合、本気で優勝を狙ってほしいと思います」(鈴木尚典)


その鈴木以来の、横浜高校出身の主砲が率いるベイスターズ。


20年ぶりの歓喜の瞬間に向けて灼熱の夏を駆け抜けて行く。


その手で勝利の旗を掴み取れ!



横浜の空高く

ホームランかっ飛ばせ 筒香

さあ打て 筒香

飛ばせ 空の彼方

横浜に輝く大砲

かっ飛ばせ ホームラン

GO GO TSUTSUGOH!


VAMOS A SEGUIR ADELANTE!

常に、前に、前に、積極的に行こう!


VICTORY is WITHIN US.