大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

背番号7よ、輝け!

2018/07/01(日) 横浜スタジアム

B1-15C

勝 岡田

負 濱口



2度のビッグイニングを作られ、大量リードをされてしまった7回裏。


この日一番の大歓声がスタジアムから巻き起こる。


二軍から這い上がってきた、チーム最年長の彼が今季一軍初打席に立った。



1986年7月10日生まれ。

静岡県駿東郡出身の31歳。


横浜高校から2004年ドラフト6位で入団。


2012年には、新生DeNA球団の初代キャプテンに任命される。



ただ、順風満帆なことなどなかった。


中畑清監督からは、カメラの前で叱責され二軍降格を言い渡されたこともあった。

その期待の大きさ故である。


だが、彼は這い上がってきた。


内に秘めがちだった闘志を、全面に押し出せるようになったのも、キャプテンとして苦労を重ねたゆえ。


黄色い声援一辺倒だった彼に、老若男女隔てずに歓声が送られるようになったのもこの頃からだ。


2014年には、ユリエスキ・グリエルの加入により外野へコンバート。


2017年には、田中浩康の加入、柴田竜拓の台頭により、セカンドのレギュラーを手放す。


2018年シーズンは、大和の加入、倉本寿彦のセカンドコンバートにより、二軍からのスタートとなった。



だが、ファームでは誰よりも輝いていた。


全力疾走。

ヘッドスライディング。

そして、大きな声で後輩達を牽引する姿勢。


心は熱く、頭脳は冷静に。

時を待ち、時を作った。



灼熱の横浜スタジアム。

遂に彼の出番がやってきた。


鋭く振り抜いた打球はショートゴロ。


彼は全力疾走で駆け抜ける。


その姿勢がカープ鉄壁の内野陣に焦りを生み、ゲッツーを阻止。


敗色濃厚な中にあって、最後まで諦めない姿勢をチームメイトに示した。


そこに、満員の観衆は大拍手を送った。



まだまだ老け込む年齢ではない。


チャンスは少ないかもしれない。


今一度、レギュラーを奪い取るぐらいの再覚醒を、ファンは待ち望んでいる。



背番号7。

静岡県出身。

横浜高校OB。

ドラフト下位から這い上がってきたのは、同郷のレジェンド鈴木尚典と同じ系譜。


現キャプテン筒香嘉智は、背番号51に憧れた。


その筒香が、2015年のキャプテン就任時

に最も頼りにしたのが、横浜高校の先輩であり、頼れる兄貴分の彼だった。


横浜高校の遺伝子。

背番号7の系譜。


優勝を目指す真夏の戦いには、経験豊富な君の力が不可欠だ。


雄洋の夏が始まる。

横浜の季節がやってきた。


栄冠掴むその日まで

恐れず飛び込めベースへ

君の熱き血潮で

燃えろ 雄洋


横浜DeNAベイスターズ。

背番号7。

石川雄洋。


SIETE BRILLANTE.

背番号7よ、輝け!


VICTORY is WITHIN US.