大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

最後の最後まで戦い抜こう! #39

2018/09/09(日) 横浜スタジアム
B7-3S
勝 平良
負 石川



同郷の先輩の有り難さ。
同窓いの先輩の心強さ。


沖縄出身の大型右腕 平良拳太郎は、先輩のミットに力強い速球を投げ込む。


山田哲人の2本のホームランによる3失点で、先輩リリーフ陣に後を託す。


9回表には、4点差ながらハマの小さな大魔神 山﨑康晃。


いつもの様に、リリーフカーを運転する青年の肩に感謝を込めてマウンドに向かう。


そこで彼を待つのは亜細亜大学の1学年先輩の彼。


今季何故か相性の悪い本拠地で、ランナーを出しながらも無失点。


勝利の笑顔が横浜の夜空に輝いた。



正捕手不在の今シーズン。
球団は生え抜き捕手の髙城俊人と、オリックス・バファローズの伊藤光のトレードという荒療治に出た。


全く経験のないセ・リーグの野球に素早く対応出来るように、早い時間から彼は伊藤と共にグラウンドで準備を重ねる。


どれだけ心強いことだろうか。



この日は打者としても、試合を決定づける3ランホームラン。


苦しい試合が続くチームにあって、まずは一つ勝利を重ねた。


最後の最後まで戦い抜くこと。
勝利を目指して諦めないこと。


それが、ハマスタに集うファンに応える選手としての義務だ。


戦いは続いていく。



積み上げたものを今
プレーで示せ
横浜の守り神
嶺井博希


横浜DeNAベイスターズ。
背番号39。
嶺井博希。


ORE FOR ALL.
俺は皆のために。


VICTORY is WITHIN US.