大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/05/16(水) 阪神甲子園球場

5/16

B5-0T

勝 東

負 岩貞



2017年10月26日。

プロ野球ドラフト会議。


早稲田実業の清宮幸太郎に7球団。

広陵高校の中村奨成に2球団。

JR東日本の田嶋大樹に2球団。


有望選手に指名が集中する中、ベイスターズは大学ナンバーワン左腕の一本釣りに成功する。


他球団の首脳陣は「今年もベイにやられた」と臍を噛んだ。


指揮官は彼に最大限の期待を寄せた。

「間違いなく10勝できるポテンシャルがある。優勝のためのピースを手に入れた」


精密機械の石田健大。

智勇兼備の今永昇太。

豪快無比の濱口遥大。


前代未聞の先発左腕カルテットが誕生した。



しかし思うように行かないのがプロの世界。

今永、濱口が開幕に間に合わず、石田が本来の力を発揮できていない。


ルーキーの彼がここまで孤軍奮闘を続けている。


170cmの小柄な体格を感じさせないダイナミックなピッチングフォーム。


完全アウェーに物怖じしないマウンド度胸。


「マイバナナ」をベンチに持ち込む「もぐもぐタイム」は、立命館大学時代以来のルーティーン。


抜群のスタミナで、9回を1人で投げ抜いた。


3安打8奪三振118球の大熱投。


今季チーム初、12球団のルーキー一番乗りでの完封劇だった。


「素直に嬉しいですね。母の誕生日が近いのでいいプレゼントになりました」


親孝行の22歳の笑顔が弾ける。

空前絶後の左腕がチームを再生させた。



左腕がうなれば

狙いは外さない

ピンポイントの技

攻めろ 攻めろ 克樹


横浜DeNAベイスターズ。

背番号11。

東克樹。


君こそLITTLE BIG MAN.

小さな大投手が横浜に誕生した。


VICTORY is WITHIN US.