大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

背番号17の系譜 #17

2018/08/10(金) 横浜スタジアム
B1-3T
勝 メッセンジャー
負 東
S ドリス


「勝祭」ーー真夏のイベントが、皮肉にさえ聞こえてしまうこの日の敗戦。


重ねた借金は遂に2桁。


タイガース戦だけで7つの借金。


ランディ・メッセンジャーに6敗。


ラファエル・ドリスを全く攻略出来ていない。


スコア以上の差を感じてしまう。



先の見えないトンネルの様な状況にあって、今日もこの男がマウンドに上がった。


クールな表情で豪速球を投げ込み、1イニングを無失点。


完璧に仕事を成し遂げ、味方の反撃を待った。



2012年ドラフト2位で法政大学から入団。


新生DeNA球団のエースにとの大きな期待から、背番号17が与えられる。


1960年ホエールズ日本一の大エース 秋山登。


100勝100セーブ。ヒゲの齊藤明雄。


奇跡のリリーバー 盛田幸妃。



背番号17には、ホエールズのベイスターズの歴史と伝統が込められている。


だが、その期待に応えらずに歳月は過ぎていく。


昨シーズン中に、彼はリリーフへの転向を告げられる。


これが大きな転機となる。


2017年10月24日。
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島。
クライマックスシリーズ ファイルステージ


2回からリリーフのマウンドに向かった彼は、この日もクールな表情で豪速球を投げ込んだ。


このピッチングがチームに流れを呼び込んだ。


大逆転でチームは日本シリーズに進出。


史上最大の下克上が実現された。



不調に喘ぐ2018年シーズン。


勝ってる時も、負けてる時も、彼はマウンドに向かい、豪速球を投げ込む。


彼は決して雄弁ではない。
その姿でチームを鼓舞していく。


今日もファンはハマスタに集う。


そして彼はブルペンに向かう。


目の前の勝利のために。


諦めたら、勝負はそこで終わりだ。



戦うぞ
闘志みなぎらせて
勝利の海
行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。
背番号17。
三嶋一輝。


AUDACITY.
どんな時も堂々と、自分らしく。


VICTORY is WITHIN US.