大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/05/26(土) 明治神宮野球場

5/26

B1-5S

勝 中尾

負 三上


登板過多のリリーフ陣が7回裏に捕まり、悔しい敗戦。


この日の結果を目にして、ある男の「予言」が思い起こされた。


スカパー!のプロ野球開幕前のCMシリーズ。

今年は落合博満が12球団を「俺流解説」。


「俺ならベテランを使うね」(ジャイアンツ)


「外国人次第だね」(ドラゴンズ)


「4番は中村でしょ」(ライオンズ)


当たり外れはあるが、やはり良いところをついていた。


「ベイスターズはね、打線は申し分ないんですよ。先発なんです。エースが、柱がいない。菅野、菊池、則本クラスがいない。今永がいいって言ったって去年初めて11勝でしょ」


開幕前に先発ローテーション候補が次々離脱。


そこでチャンスの巡ってきた若い先発陣が、結果を残しているからこそのこの成績。


その苦しいチーム状況の中、チャンスを掴みかけた青年が、今宵の神宮のマウンドに上がる。


1995年7月12日生まれ。

沖縄県国頭郡出身の22歳。


2016年オフにFA宣言した山口俊の人的補償選手として、ジャイアンツより移籍。


「プロテクト漏れした選手の中で、最も取られたくなかった選手」と、ジャイアンツ関係者が臍を噛むほどの有望株。


移籍1年目の2017年シーズンにはプロ野球初勝利もあげた。


だがこの後は結果が残せず、ファームのローテーション投手として捲土重来を期した。


5月17日、甲子園球場でのタイガース戦では投打にわたる活躍で今季初勝利。


甲子園の大応援など何処吹く風。

「沖縄タイム」のマイペースで、チャンスをものにした。


交流戦前最後の大事な試合。

もう一人の「ハマの二刀流」が、勝利を掴み取る。


戦うぞ

闘志みなぎらせて

勝利の海

行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。

背番号59。

平良拳太郎。


KEEP WORKING HARD AND CONCENTRATE.

集中し、奮い立ち、力の限り。


VICTORY is WITHIN US.