大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/05/27(日) 明治神宮野球場

5/27

B3-5S

勝 小川

負 平良

S 石山



取って取られてのシーソーゲームを落とし、悔しい敗戦。


最下位スワローズ相手にカード負け越し。


光明を見つけることすら苦しい試合。

ビハインドの8回裏に、一際長身の目立つあの男がマウンドに向かった。


2010年オフ。

ベイスターズに身売り報道が流れる。

成約寸前でこの話は破綻。


「本拠地は静岡とか新潟でやりたいと言ってきた。それだけは飲めなかった」(当時の球団幹部)


身売りをしたがっていた球団。

閑古鳥が鳴く横浜スタジアム。

ささくれ立つファンの心。


そんな2011年7月。

彼は彗星のように現れた。


1991年9月24日生まれ。

大阪府枚方市出身。

2009年育成ドラフト1位で熊本県秀岳館高校から入団。


支配下登録された直後から先発ローテーション入り。

長身から投げ下ろす豪速球で、最下位を独走するチームの希望の光になった。


2011年オフ。

チームは新興IT企業DeNAに売却される。


「ついに現れたハマのスーパースター候補」(横浜DeNAベイスターズ2012年オフィシャルイヤーマガジン)


2012年4月4日。

新球団の本拠地開幕戦の先発を、中畑清新監督は彼に託した。

だが、結果を残すことはできなかった。


これまで、チャンスはたくさんあった。

だが、掴みきれぬまま月日は流れて行った。

気がつけば、周りの後輩達が結果を出し、チームは日本シリーズに出場するまでになった。



今は、ビハインドや大量点差での登板が続くだろう。


地味でもここで結果を出し続けるしかない。


この日、3者凡退で抑えたマウンドから、今一度「ハマのダルビッシュ」の輝きが見たい。


まだまだ、彼の舞台はこれからだ。



戦うぞ

闘志みなぎらせて

勝利の海

行くぞ ベイスターズ


横浜DeNAベイスターズ。

背番号65。

国吉佑樹。


WORK'LL WIN WHEN WISHING WON'T.

願いが叶わないとき、勝利を勝ち取るのは努力だ。


VICTORY is WITHIN US.