大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

2018/06/07(木) 横浜スタジアム

6/7

B7-9L

勝 十亀

負 京山

S 増田



「ハマスタに来られるお客さんは、本当に野球を良く知っておられる。ここぞというところで、球場全体からツボにハマるような歓声が上がる。こんなこと他の球場ではありません」(ベイスターズOBの佐伯貴弘)


敗色濃厚の大量ビハインド。


だが、ひとつのチャンスに「ツボにハマる」大歓声が沸き起こる。


7回裏、ツーアウト満塁。

今シーズンからベイスターズにやってきた彼のひと振りは豪快なグラウンドスラム。


一気に1点差。

スタジアムの空気が一瞬で変わった。



1989年2月28日生まれ。

プエルトリコ出身の29歳。


昨秋入団テストを経て、ベイスターズに入団。


オープン戦での大活躍に、指揮官は「野手のMVPだ」と最大の賞賛を贈った。


開幕一軍登録を勝ち取るも、試合前の練習で負傷。

無念の登録抹消。


ファームで、若い選手に混じって汗を流す助っ人外人。

守備位置の交代の際にはダッシュで移動。


謙虚で誠実な姿勢は、打席で結果となって表れる。


一軍昇格後は、猛打でチームの救世主となった。


しかし厳しいプロの世界。

打席を重ね、データを分析され、弱点を見出される。


極度の不振の中でも、指揮官は彼に期待を寄せた。


「一昨年ロペスが調子を崩した時、3番で起用して結果が出た。それを思い出して起用した」


2ホームラン6打点。


厳しいマークを乗り越えて、結果を出した。


「いい結果を残して、チームの優勝に貢献したい。来年以降もここにいられるように、頑張りたい」



苦しい戦いが続く交流戦。

出口のないトンネルはない。

夜明けのこない夜はない。


捲土重来。

今こそ、目の前の試合に全力投球。



Going on ソト!

Touch'em all ソト!

君は嵐のカリビアン

見せつけてやれ

パワフルスイング

ソト! ソト! ソト! レッツゴー!


横浜DeNAベイスターズ。

背番号99。

ネフタリ・ソト。


THE ROAD IS MY STRENGTH,

I HAVE NOTHING TO FEAR.

失敗を恐れず、挑戦し続けよう!


VICTORY is WITHIN US.