大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

ハマの神の子よ、レジェンドを越えてゆけ!

2018/06/26(火) 横浜スタジアム

B0-4T

勝 メッセンジャー

負 バリオス



1998年10月8日。

阪神甲子園球場。

横浜ベイスターズは、38年ぶりのセ・リーグ優勝を決めた。


2018年6月26日。

横浜スタジアム。

2年後の東京オリンピックに向けて改修が進む中、いよいよライト側の増席部分が姿を現してきた。


ベイスターズナインは、あの日優勝を決めたビジターユニフォームに身を包んで、試合に臨んだ。



1回裏。

あのテーマがスタジアムに響き渡る。


駆け抜ける スタジアム

君の勇姿

明日の星を掴めよ

石井 その手で


横浜ベイスターズ。

背番号5。

石井琢朗。


言わずと知れたハマのリードオフマン。


1998年の栄冠以降、チームは崖から転げ落ちるような低迷を続ける。


どん底のチーム状況。

衰える自身の気力体力との勝負。

奮闘努力を続けてきたチームリーダー。


2008年シーズン終盤、無情にもコーチ就任要請という名の戦力外通告を受ける。


その情報が、スポーツ紙に報道される。


憤ったファンは、出場機会のなくなった彼の応援歌を、他の主力選手の打席で歌う事で、球団に抗議の意を表明する。



その打席に立っていたのが、あの男だった。


ハマの龍神。

2000年代のミスター・ベイスターズ。


横浜ベイスターズ。

背番号1。

金城龍彦。


弛まぬ努力。

野性的な勝負感。

類まれなる野球センス。


チームを鼓舞し続けた彼が、打席であんなに悲しい、切ない、やるせない表情を見せたことはなかった。


彼もまた、2014年オフにコーチ就任要請という名の戦力外通告を受ける。


現役続行を希望し、ジャイアンツに移籍。


現在は、ジャイアンツの二軍打撃コーチとして後進の指導に当たっている。


石井琢朗もまた、カープで現役引退後、コーチを務め、今はスワローズのコーチとして、交流戦優勝の縁下の力となった。



その2人が、ハマスタに帰ってきた。


2018年4月4日。

横浜スタジアム40周年記念試合。


スワローズのユニフォームの石井琢朗。

ジャイアンツのユニフォームの金城龍彦。


ハマスタへの、ベイスターズへの熱い熱い思いをメッセージに託した。


2人の勇姿を見つめてきたファンは、涙してそのメッセージを受け止めた。


そして、この日の試合。

偉大なレジェンド2人の応援歌を背に受けて、凛々しきルーキーが打席に立った。


ビハインドで迎えた8回裏。

鮮やかなヒットをセンター前に運んだ。



今日は敗れた。

だが、また明日立ち上がる。


目指すのは20年ぶりの栄冠。


GET THE FLAG!


戦いはこれからだ。



見せてくれ

見せてやれ

超スーパープレイを

ハマの風に乗った

男の意地を


横浜DeNAベイスターズ。

背番号8。

神里和毅。


EVERYTHING'S GONNA BE ALRIGHT.

何とかなる事ではなく何とかなる努力をする。


VICTORY is WITHIN US.