大田区からハマの星に祈りをこめて

ベイスターズの試合について熱く書いていきます。

今こそ原点に戻ろう!

2018/06/27(水) 横浜スタジアム

B6-16T

勝 藤浪

負 飯塚



目も当てられないような大惨敗。


これで借金5。

タイガースへの負け越しがそのまま結果となってしまっている。


GET THE FLAG! と銘打ち、1998年優勝時のビジターユニフォームで臨んだ試合での屈辱の敗戦。


これでは優勝のメモリアルではなく、10年間で最下位6度の2000年代の悪夢の記憶を呼び起こす事になってしまう。


この栄光のユニフォームは、その後の屈辱の記憶でもある。



1998年のチームは本当に強かった。


だが、その後勝ち続ける事が出来なかった。


主力選手が次々に移籍。


残ったV戦士も思うような結果を残せない。


抜擢される若手も期待に応えられない。


勝った時に、負けの因を作ってしまっていたのだ。



今シーズンも主力の離脱が相次ぎ、苦しい戦いが続く。


そんな時は、今一度原点に帰るしかない。


2018年3月30日。

横浜スタジアム。


開幕直前のダグアウトで、我らのキャプテンはチームメイトに語りかけた。



「今年優勝を目指して戦うのはもちろんのこと、来年も再来年も、常に優勝争いをする常勝チームになれるように。そのために戦っていこう」


例えば、ホークスやジャイアンツのファンが、

「〇〇年の優勝はさぁ」

なんて語っているのを聞いたことがない。


いつまでも1998年の栄光にすがっていてはいけないのだ。



常に勝てるチームに。

ずっと最前線で戦えるチームに。


1998年の記憶が霞んでいくぐらいの旋風を起こさねばならない。


チームを覆う宿命的な負の遺伝子を消し去るには、逆説的だが勝つしかない。


我らのキャプテンは、誰よりもそれがわかっている。

そして、行動し、語りかけている。


だからこそ、まずは目の前の1勝に貪欲に。


どこまでも泥臭く、執念を持って攻めぬこう。


そして、ハマスタにはあの応援歌が轟き渡る。



横浜の空高く

ホームランかっ飛ばせ  筒香

さあ打て  筒香

飛ばせ  空の彼方

横浜に輝く大砲

かっ飛ばせ  ホームラン

GO  GO  TSUTSUGOH!



横浜DeNAベイスターズ。

背番号25。

筒香嘉智


VAMOS A SEGUIR ADELANTE!

常に、前に、前に、積極的に行こう!


VICTORY is WITHIN US.